zoom MS-50g ver.3 レビューしてみました。

少し前にMS-50gのver.3が公開されました。

今回72種類のエフェクターが追加されてます。

 

zoomのホームページです。ここからパッチのver.3やエフェクターリストをダウンロードできます。

https://www.zoom.co.jp/ja/products/multistomp/zoom-ms-50g-multistomp-guitar-pedal

f:id:raricura1207:20170328120608j:plain

まずMS-50gとは何か?ということを書かせていただこうと思います。

個人的なレビューなどを見ていただける方は飛ばしてください。

 

○MS-50gについて

 

zoom MS-50g はマルチストンプという新しいエフェクターとして販売されてます。

歪み系から空間、モジュレーション系、アンシミュなど様々な種類が使える便利なエフェクターです。

マルチエフェクターと同じように様々なエフェクターのパッチが入っています。

マルチエフェクターは大きいサイズが多いのですがMS-50gはコンパクトエフェクターのサイズとなっております。

bossのコンパクトエフェクターより一回り大きいくらいです。

 

MS-50gはジョーカーのような使い方をする方が多い気がします。

ライブ時にエフェクターが不調の際に代用として置き換えたり、使用頻度が少なく新たなエフェクターを買うほどでもない時に使うなどに重宝します。

凛として時雨のTKが海外ツアーの際、エフェクターのトラブルを回避するためにマルチストンプを持っていたそうです。

また、軽いセッションや宅録の際にも便利です。

ただ、ライブ時の操作性ではマルチエフェクターに劣ってしまう部分もあります。

ですが、工夫次第でなんとかなります。

 

○レビュー

ver.3で歪み系はケンタウロス/KLONやSweet Honey Over Drive/Mod professorなどが追加されました。

個人的には使えるレベルだと思います。

ver.2までクランチが作りずらかったので別のエフェクターかアンシミュで作ってました。

また、クリーンブースターとして有名なRC booster/Xoticが追加されてます。

マルチの歪みは音の抜けがイマイチだったりするのですがRC boosterを入れることで改善される気がします。

余談ですが、僕はbig muffが大好きなのですが、ver.1からbig muffが入っていたにもかかわらず今回big muff piが追加されました。最高です。

 

アンシミュの追加も有難かったです。

orengeやbognerのアンプが新たに追加されました。

初期から入ってるfender系やmarshall系も追加されてます。

僕はあまり使わないのですがハイゲインアンプもかなり追加されております。

好きなアーティストの使用機材を調べると多分同じ種類のパッチがあると思うので是非弄り回してください。

 

空間系やモジュレーション系、ダイナミクス系など僕はあまり使わないのでざっくりで申し訳ないのですが...

有名どころFLASHBACK/tc electro、Small clone/Electro-Harmonixなど追加されております。

以前より細かい音作りができるようになった気がします。

痒いところに手が届くので便利です。

僕は空間系、モジュレーション系などはMS-50gで済ませてます。

ここら辺は評判が良いので僕もうまく使えるように努力したいです。

bomberとかBit Crushは使い道がイマイチわからないのですがネタとして遊んでます。

ギターをロケットランチャーのように構えbomberで爆撃音出したり、bit crushを使ってファミコンなどのローファイ感を出しても面白いです。

あと、ノイズゲートお探しでしたらこれを買ってください。後悔はしないと思います。

 

今回からは、パソコンで使うエフェクターを選択して入れる仕様になりました。

メモリに収まるように自分で選んで入れて下さい。

また、空間系、モジューレーション系でメモリが大きいためかほぼ単体でないとMS-50gで使うことができないエフェクターも入っております。

 

 

 

ざっくりしたレビューで申し訳ございません...

使わないというより使い方をよくわかってないと思うので調べて使っていきたいです。

気が向いたらまた書きたいと思います。

MS-50gは値段が1万円を切っておりとりあえず持っておいて損はないと思います。

これからエフェクターを買う方もずっと使えるエフェクターですので初めてのエフェクターにお勧めします。

チューナー機能もあるので使いこなせればこれ一つでライブにも望めるのではないでしょうか?

DTMerの方もMS-50gとオーディオインターフェースがあればギターの音作りがしやすくなると思います。

 

MS−50gはコスパ最強ですので一度チェックしてみてください。